セキュリティ対策を自社で行う必要がある

古いプラグインには脆弱性がよく含まれている

企業が用意したレンタルブログを使うのではなく、Wordpressを使ってレンタルサーバー上にてブログを運営する場合、セキュリティ対策を自ら行う必要があります。特に要注意なのがWordpressのプラグインです。プラグインはWordpressの機能を拡張するためのプログラムですが、制作自体は誰でも行えます。当然、プログラミングの初心者がプラグインを作って配布するということも十分あり得るわけですが、そうしたプラグインには脆弱性が潜んでいるケースが少なくありません。
よく知られた脆弱性を含むプラグインをそのまま使い続けた場合、サーバーのデータベースに勝手にアクセスされ、保存されている個人情報を根こそぎダウンロードされるといった被害を受ける可能性があり、非常に危険です。

管理画面への不正ログインを防ぐプラグイン

それでは、具体的にどのようなセキュリティ対策が求められるのでしょうか。まず、プラグインを自動更新する環境を整えるといいでしょう。基本的にWordpressの本体はバージョンアップ版が出ると自動で更新されますが、プラグインについては管理者が自ら更新しなければなりません。しかし、長らくブログを更新しない場合、管理画面にアクセスすることもなく、プラグインがバージョンアップされているかどうかもわからず、そのまま放置してしまうような状況になってしまいます。そのため、プラグインを自動更新するためのプラグインを使うのです。
また、管理画面へのログインに失敗すると、アクセス元のIPを弾くプラグインの利用もセキュリティ維持には効果的といえます。Wordpressは全世界で利用されているので、攻撃ツールがたくさんあり、その中には管理画面へのログインを自動で試みるものが含まれるためです。

ホームページ作成講座は通学タイプからネット受講タイプまで様々です。自身の知識や習得に自信がない方は通学タイプが安心です。

© Copyright Website Builder For Professional. All Rights Reserved.